バックナンバー 螢光板
639号/2013.12月号

今年も残り僅かとなりました。年々、つい最近の事象を思い出せないという加齢現象は強まるばかり。では、筆者が選んだ2013年よかったこと(よかったと思われていることを含む)ベスト10を挙げますので、「起こった順に並べよ」という問題にチャレンジしてみてください。

①メタンハイドレートの試験採掘に成功。
②スキージャンプの高梨沙羅選手がW杯総合優勝、日本人初。
③長島茂雄氏と松井秀喜氏に国民栄誉賞。
④歌舞伎座が新開場。
⑤楽天の田中将大投手が連勝の新記録を樹立。
⑥富士山が世界文化遺産に決定。
⑦イチロー選手が日米通算4000安打を達成。
⑧「イプシロン」の打ち上げに成功。
⑨2020年オリンピックの開催地が東京に決定。
⑩体操世界選手権で白井健三選手が最年少金メダル。

正解は、

②2月
①3月
④4月
③5月
⑥6月
⑤8月16日
⑦8月21日
⑨9月7日
⑧9月14日
⑩10月

です。

Y新聞が、年末恒例「あなたが選ぶ10大ニュース」投票用にピックアップした66ニュースから「よかったこと」を選ぼうとして何より驚いたのは、そのよかったことが本当に10個程度しかなかったことです。前述以外には、バレンティン選手のホームラン60本と楽天の初優勝くらいでした。

2013年12、日本は中にも外にも困難な問題をたくさん抱えています。将来、「あの時、進行方向を誤った。」と悔やむ事態が起こらないことを切に願っています。

来る2014年が良い年になりますよう、編集委員一同、心からお祈り申し上げます。



▲ページの上へ